甲斐ノワール(赤/樽熟成)2018

¥2,750

山梨県甲州市勝沼町 日休地区・自社農園産の甲斐ノワールを使用した赤ワイン

在庫切れ

商品コード: rd0004 カテゴリー: タグ: ,

説明

2018年山梨県甲州市勝沼町日休地区のガレキ混じり粘土質土壌の水はけのよい畑で育成された甲斐ノワール種のブドウをステンレスタンクで発酵した後、アメリカンオークの新樽で8ヶ月熟成しました。 甲斐ノワールはカベルネ・ソーヴィニオンとブラック・クイーン種を交配して作出された山梨県オリジナルの品種です。 このぶどうから生み出されるワインは色が濃くすっきりした酸味とスパイシーな香りを特徴としており、重厚な味わいは焼肉、ビーフシチュー、すき焼き、モツ煮など肉料理全般に合います。

商品名 Kai Noir – Red Wine – Elevage
受賞履歴
栓タイプ コルク
alc度数 12.5%
内容量 750ml
保存方法 冷蔵(14度-18度)

 

ヴィンテージ情報

甲斐ノワール(赤/樽熟成)2015ヴィンテージ完売!
2015年山梨県甲州市勝沼町 日休地区・自社農園産甲斐ノワール種を樽熟成しました。 甲斐ノワールはカベルネ・ソーヴィニオン種とブラック・クイーン種を交配して作出された、山梨県オリジナルのワイン用品種です。 一般にはあまり知られていませんが、このブドウから生み出されるワインは色が濃く、すっきりした酸味とフルーティーでかつ、スパイシーな香りを特徴としています。 果実味を出来るだけ残すため、酵母除去用の微細フィルターを通さない無ろ過で製造し、アメリカンオークの2年目の樽で約10ヶ月間熟成しました。

日休地区はその昔、日蓮上人が訪れた際、ここで休んだとの故事にちなみ名づけられた地名ですが、粘土、砂、礫の混じった水はけのよい土地でぶどう栽培に適した地域です。 甲州種、甲斐ノワール等の植えられた棚栽培の畑を2013年度より借り受け、丹精こめて育成してきました。